2017年ニュース・セミナー情報

ニュース・セミナー情報一覧に戻る

2017年11月7日 “工場の省エネ”工場長・部門長セミナー

2017年11月7日(火)“工場の省エネ”工場長・部門長セミナーを開催いたします。

 

今回のテーマは、『工場の省エネ・省力化責任者の役割』。

 

工場長&設備管理・保全・省エネ部門の責任者様向けとなっており、

特別ゲスト講師として、

建設機械・工作機械の国内シェアTOPである「KOMATSU(コマツ)」から

省エネ担当部長をお招きして、お話しして頂きます。

 

 

 

■ 「国内最先端!省エネトップモデル企業としての取り組み」

株式会社 小松製作所は、

2015年に2000年対比約43%のCO2排出量原単位の削減を実現した企業です。
2016年度には、エネルギー管理優良事業者として、

「関東経済産業局長表彰」を受賞するほど、省エネ活動において

先進的な取り組みを行なっている国内最先端のトップモデル企業です。

 

 

省エネ担当部長 野沢氏は、入社以来25年にわたり、小松製作所 全社の省エネ指導を担ってきました。

特に、担当の小山工場のエネルギー原単位を1990年比で約50%にした実績を持ち、

「経済産業大臣賞」や「環境大臣賞」、「ESCO事業金賞」など自身が取り組んだ省エネ活動に対して、

多くの評価をいただいおります。

 

また、省エネ活動の進め方のアドバイザーとしての経験も豊富であり、
2010年度 省エネ大賞(人材部門)として、「経済産業大臣賞」を受賞した経歴をお持ちです。

 

 

 

小松製作所 小山工場の省エネ活動の実績!

 

①2015年度に1990年を基準にし、CO2排出量を原単位で72.3%削減!

②2010年に地球温暖化防止「環境大臣賞」を受賞!

③2010年に人材部門で省エネ大賞「経済産業大臣賞」を受賞!

 

 

省エネ活動の立役者 野沢氏にこんなお話をしていただきます!

●25年の省エネ活動から見えた進め方の秘訣と有効事例とは!?

●どんな設備にどんな省エネを実践したか?その具体策とは!?

●全社省エネ分科会の立ち上げ&優良他社への見学会とは!?

●「ESCO」を活用して、初期投資ゼロで省エネを実現!?

●製造工程ごとに素材・設計・工法などから生産改革の実施!

 

 

 

当日は、小松製作所様のご講演だけではなく、
全国の優良工場の“省エネ・省力化”の最先端事例も紹介します!

①小さな経費で投資回収3年の省エネ最新対策20事例!

②省力化・省人化につながるコスト削減対策の実践事例!

③初期投資ゼロで無理なくリスクなくできる省エネ対策事例!

 

 

 

本セミナーは、毎回ご好評いただいていることもあり、先着30名様限定とさせて頂きます。

 

是非、工場長、部門責任者様、自らが足を運んで頂き、この場でしか得られない

リアルかつ貴重な情報を得て頂ければ、幸いです。

 

きっと、貴社の省エネ戦略における新たな気づきが得られると考えております。

 

参加希望の方は、お電話またはFAXにてお申込みください。

 

 

◆日時: 2017年11月7日(火)  14:00~16:30(受付13:30~)
◆場所: 刈谷産業振興センター   603会議室
刈谷市相生町1丁目1番地6(クリックするとマップが開きます)
◆参加費: 無料
◆内容詳細: 株式会社 小松製作所
「国内最先端!省エネトップモデル企業としての取り組み」 

全国の優良工場の“省エネ・省力化”の最先端事例

 

 

詳細決定しましたら、お知らせいたします。

◆募集人数: 先着30名様限定
◆申込方法: 下記、お問い合わせ先へ

①電話して申し込みをする

 

または、

②下記添付されているPDF「工場の省エネセミナーFAX申込用紙」に

必要事項をご記入頂き、そのままFAX送信して申し込みをする

 

 

◆お問い合わせ先: 神谷建設株式会社

TEL  0566-53-1258(代表)

FAX  0566-53-5305(代表)

 

 

 

2017年ニュース・セミナー情報一覧へ戻る

Contact usお問い合わせ・資料請求

企業・個人関係なく、お客様の悩みはそれぞれです。
土地活用の問題であったり、事業の見直しであったり、
あるいは相続の問題であったり、本当に課題はさまざまです。
建築・土木・不動産の企画・開発・施工・管理まで、問題点や課題に
適したプランを各分野の専門スタッフがご提案します。
まずはご相談・お問い合せ下さい。

  • 《お電話受付時間》 平日9:00~18:00(土・日・祝日除く) TEL 0566-53-1258
  • お問い合せ・資料請求はこちら
ページの先頭へ
ページの先頭へ