お役立ちコラム

2016.08.12.Fri

消費電力70%削減!いま話題の無電極ランプとは?

「史上最も暑い夏」。

あのNASAの気象学者がそう唱えた今年の夏も、いよいよ本番真っ盛りですね。

どうしても冷房が手放せないこの季節、空調設備と同じくらいに電気代がかかっている“照明”のこと、忘れていませんか?

 

 

こんにちは。工場・店舗の省エネ・コスト削減対策担当の夏目です。
ひとむかし前の照明は・・・

 

【激安!】
なかなか照明の省エネが進まない理由のひとつは、昔の照明が高くない(むしろ安い!)から。

価格差があるから、「まだ替えなくていいか」って思うんです。

 

【短寿命!】

でも、差があるのは価格だけではありません。

例えば、LEDの寿命は、水銀灯のおよそ4倍!同じ時間だけ照らそうとすると、ひとつのLEDが寿命を迎えるまでの間に、水銀灯を4回は交換する必要があるわけです。

水銀灯4個分の価格と、LED1個分の価格、比較したことありますか?

消費電力の違いは?電球の交換には人手も時間も使いますよね。

照明の価格だけでは水銀灯はお得にみえるけれど、実はそうでもないんですよ!

 

 

■水銀灯・HIDの代替に、「無電極ランプ」?

最近よく聞く「無電極ランプ」という言葉・・・

水銀灯やHIDの代替えに、LEDと比較して選びましょう!

 

「無電極ランプ」とは、その名の通り「電極が無いランプ」のことです。

 

電極の寿命に左右されないことから、従来の照明と比べて寿命が長くなり、なんと平均寿命は100,000時間!

これはLEDの約2倍で、現在世の中にある人工光源の中で、最も寿命が長い照明と言われています。

 

また、消費電力が水銀灯の約1/4程度なので、省エネ率70%以上になることも!

国内での人気はここ数年のことですが、実は歴史がとても古く、海外では「照明の省エネ=無電極ランプ」という国もたくさんあります。

 

更に近年、人気上昇とともに価格も低下し、今ではLEDと同等の価格帯で購入できます。

 

大切なのは、LEDと無電極ランプを、場所や状況に応じて選択すること!

それでは、LEDと無電極ランプはどのように違うのでしょうか?

どう選択すればよいのでしょうか?

 

 

無電極ランプ比較表

 

LED ⇒ スポット効果大!

 

・指向性:発光角が狭く、壁・天面への反射は期待できない

・荷物や設備の影を望まない場合、ランプの間隔に要注意

・グレアの課題:人間が「まぶしい」と感じるひかり
無電極ランプ ⇒ 全体が明るい!

 

・面発光:全方向を明るくしたい場所に効果的

・光が重なる空間が大きく、荷物や設備の影が出にくい

・目に優しい:グレアが少なく、照度計の値よりも明るく感じる

 

 

■せっかく替えるのなら、明るさも見直しましょう!

弊社では、

現状の確認 → 省エネ効果・投資回収期間 → 適した照明(LED・無電極ランプ)の選定

を全て提案書としてまとめてご提案させていただきます。

 

 

せっかく替えるのなら、この機会に明るさや配置も見直しましょう!

改めて考えると、もう少し明るさが欲しい場所や、必要のない所に照明がある場所など、改善点が見つかる場合があります。

照明の配置換えや間引きができると、もしかしたら消費電力の差以上の省エネができるかもしれません!

 

 

■補助金対象にもなっています!

平成27年度補正予算

 

「中小企業等の省エネ・生産性革命投資促進事業費補助金」の3次公募(公募締切:平成28年9月9日)にて、LEDに加えて無電極ランプが補助対象になりました!

 

今まで照明の代替に踏み切れなかった方もこの機会に無電極ランプで補助金GETができるかもしれません!

 

 

■4年後、「水銀灯」は買えなくなります!

2013年10月「公害の原点」とされる水俣病を教訓に、「水銀に関する水俣条約」が採択されました。

水銀の排出を世界的に抑えて健康被害を防ぐことが目的で、蛍光灯などの照明や電池などの主要製品5種の製造・販売・流通・輸出を原則禁止としたものです。

これにより、一般照明用の高圧水銀ランプについては2020年までに 水銀の使用量に関係なく製造、輸出入が禁止となります。

つまり、あと4年後には、水銀灯が買えなくなります!

 

 

★照明の省エネがしたい方!

★LEDのまぶしさが気になる方!

★間引きを検討したい方!

★補助金に興味がある方! etc・・・

 

ご興味がありましたら、下記までお問い合わせください。

 

 

お問い合わせ先は・・・

TEL   0566-53-1258

担当:夏目

担当:夏目

 

Contact usお問い合わせ・資料請求

企業・個人関係なく、お客様の悩みはそれぞれです。
土地活用の問題であったり、事業の見直しであったり、
あるいは相続の問題であったり、本当に課題はさまざまです。
建築・土木・不動産の企画・開発・施工・管理まで、問題点や課題に
適したプランを各分野の専門スタッフがご提案します。
まずはご相談・お問い合せ下さい。

  • 《お電話受付時間》 平日9:00~18:00(土・日・祝日除く) TEL 0566-53-1258
  • お問い合せ・資料請求はこちら
ページの先頭へ
ページの先頭へ